新着情報

<< 前のページへ | 次のページへ >>
2019/01/07

名古屋市アルコール依存症支援者研修について

名古屋市アルコール依存症支援者研修について

2018/12/26

年末年始のご案内

 H30年12月28日の断酒の集いは、14時〜病棟にて受付、14時半〜開始、16時頃〜家族会となります。
 H31年1月4日の断酒の集いは、13時半〜4F大ホールにて行います。改修工事中はご不便をおかけしましたが、年明けからこれまでの会場に戻ります。是非ご参加ください。

2018/12/26

八事アルコールネットを開催しました。

 平成30年11月28日に、第5回目となるアルコールと健康を考える八事地域サポートネットワーク(通称:八事アルコールネット)を開催いたしました。今回も名古屋第二赤十字病院の会場をお借りして、名古屋市障害企画課、名古屋市精神保健福祉センター、保健所、区役所、消防署、警察署、いきいき支援センター、断酒会、聖霊病院、名古屋第二赤十字病院、名古屋記念病院から30名以上の方々にご参加いただきました。
 当日は天白消防署より救急搬送された事例について、奥田医師より女性のアルコール依存についての事例と、家族相談への対応というテーマで当院臨床心理士の三和先生よりCRAFTプログラムの紹介がありました。最後に竹その家族会の岸本さんより家族の体験発表をしていただき、とても身につまされる思いでした。
 これからも地域のネットワークづくりを大切にしていきたいと思います。今後もご協力宜しくお願いいたします。

2018/12/26

11/11 市民公開セミナーに参加しました。

 平成30年11月11日(日)、東別院ホールにてアルコール関連問題啓発市民公開セミナーが行われ、当院からシンポジストとして奥田正英医師・塚田勝比古医師が参加しました。
 当日は断酒会員や一般よりたくさんの方の参加があり、とても有意義な機会となりました。

2018/10/23

名古屋市依存症専門医療機関・依存症治療拠点機関について

 H30年10月より、名古屋市依存症専門医療機関・依存症治療拠点機関に選定されました。
 当院で対象となるのは「アルコール健康障害」です。また、名古屋市のホームページにてその他の機関一覧がご覧いただけます。

2018/07/17

断酒の集い開催場所・時間について

 H30年7月より、大ホールの改修工事に伴い断酒の集いの開催場所が「八福コミュニティセンター」に変更となりました。ご迷惑お掛けいたしますが、ご協力お願いします。
 尚、下記の日程は八福コミュニティセンターが使用できません。そこで院内で会場を3つに分け、分散型断酒の集いを予定しております。開始時間も変更となりますのでご注意ください。

[時間] 14:00〜受付
    14:30〜開始
[場所] 3階病棟入り口で受付、3会場に分けてご案内します
[日程] 7月20日
    8月24日
    9月28日
    10月26日
    12月28日

2018/04/20

H29年度の活動報告を掲載しました。

H29年度の活動報告を掲載しました。

2018/03/26

アルコ-ル家族教室(YaAF:ヤ-フ)の曜日が変更になります!

 これまで毎週水曜日の13時半〜15時で行っていましたが、H30年4月から月曜日の13時半〜15時に変わります。
 毎週開催しておりますので、是非ご参加ください。
(これまでと同様に祝日はお休みです。)

 アルコールが原因で家族の言い争いが増えてきた、病院を勧めても行きたがらない、接し方が分からない、などの悩み事をお持ちの方は、まずはご家族だけもお越しください。
 ご参加お待ちしております!

2017/11/16

八事アルコールネットを開催しました。

 アルコール関連問題啓発週間の最終日である11/16に、第3回アルコールと健康を考える八事地域サポートネットワーク(通称:八事アルコールネット)を開催いたしました。
 名古屋第二赤十字病院の会場をお借りして、保健所、区役所、消防、警察、いきいき支援センター、断酒会、名古屋第二赤十字病院、名古屋記念病院、当センターを含めた医療機関等30名以上の方にご参加いただきました。当日は、事例検討とSBIRTSのロールプレイ(スクリーニングから介入への流れ)を行いました。アルコール問題は身体疾患から社会的問題まで幅広く、多機関での関わりが必要となってきます。
 こうした“顔の見える関係づくり”を通して、アルコール問題を抱える方を地域で支える活動を続けていきたいと思います。

2017/11/1

南2病棟が急性期病棟になりました!

 当院のアルコール病棟(南2病棟)が、11/1より急性期病棟になりました。
 PICUが2床、特別室が1床、その他2人部屋、3人部屋、大部屋の計60床です。3ヶ月の入院を基本とし、離脱期から回復期まで治療を行います。院内のプログラムや地域の自助グループへの参加を通じて、お酒をやめる為のお手伝いをさせていただきます。
 少しでもアルコールによる心身の健康障害が心配な方は、是非ご相談ください。

<< 前のページへ | 次のページへ >>