新着情報

<< 前のページへ | 次のページへ >>
2021/05/10

断酒の集い2021年4月30日

 少し肌寒い風が吹く日もありましたが、皆様いかがお過ごしですか?4月30日(金)第2420回目の断酒の集いに、15年断酒表彰のビデオメッセージを有難うございました。内科病院で飲酒し強制退院後当院にいらした事、断酒会に入るのが近道と教えられ一生懸命実行して15年がある事、16年目の春の桜を見るため1日1日歩き続けるとの決意が伝えられました。本日の集いのテーマは、「宣言」で、アルコールについての宣言、宣言して守れた事、アルコール以外の他の宣言、健康になる宣言などが話し合われました。「二度とアルコールには手を出さない」、「最初の1杯を口にしない」、「一口も飲まない宣言」など前向きな発言がある一方で、「断酒したいが隠れ飲みをする」、「宣言しても守れない」、「空腹になると飲んでしまう」、「応援してくれる人を裏切った」などつらいお話がありました。これからは、「断酒会に行って仲間をつのり断酒したい」、「一緒に断酒してよいという人は声をかけて欲しい」、「1日断酒をあきらめない」と宣言をして、自分の後押しをしながら、「酒なし人生」を歩みましょう。(K.M.)

2021/04/28

断酒の集い2021年4月23日

 暖かく過ごしやすい季節になってきましたが、コロナ感染者数の増加など、気が抜けない日々が続きますね。さて、断酒の集い第2419回のテーマは“予防”でした。“予防は治療に勝る”という言葉もありますが、今回は再飲酒の予防、さらにはお酒以外の病気予防…健康を維持するためにどうしたらいいのかについて、意見を交換しました。まずアルコールのことでは、「飲酒できる場に行かない」「お金を持たない」という意見が聞かれました。健康のことでは、「三度の食事をしっかりとる」や、入院プログラムの一環として取り入れられている「ウォーキング」が挙げられ、多くの方が同意していらっしゃいました。
 少し話は変わりますが、今回の断酒の集いをもって、八事病院アルコールプログラム修了者が1,000人という大台に乗りました。当事者の方、ご家族、病院・関係機関スタッフなど、様々な方の努力やご協力の積み重ねがあってのことだと思います。一つ一つの実践と積み重ねが大切なのは、再発予防・健康維持にも通ずることですね。豊かで健康的な生活のために、まず第一歩を踏み出してみませんか。(とうふ)

2021/04/27

断酒の集い2021年4月16日

 ここ数日は天気も良く、暑さを感じる日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 断酒の集い2418回目のテーマは「仲間」でした。仲間のイメージとして「同じ話題を共有し、話し合っていける」「目標に向けて一緒にがんばることができる」「支えあうことができる」など、様々な意見が出ました。「仲間と友達の違いは何だろう?」といった質問からさらに話が広がっていき、「仲がいい友達がみんな仲間というわけではなく、お互いに信頼して助け合いながら同じ目的を持って進んでいくのが仲間なのではないか」という結論に至ったグループもありました。また、「同じ「仲間」というくくりでも、目指すところよって良いものにも悪いものにもなる」といった意見もあり、所属するところを慎重に選んでいく必要があると話されていました。
 以前ある患者様から「当事者だけではなく、家族も先生も心理も看護師も自分にとってはみんな断酒仲間」と言われたことがあり、数年たった今でもずっと心に残っています。私も皆様の「断酒仲間」として、「断酒」という目標を皆様が達成できるよう、これからも努力していきたいと思います。(もなか)

2021/04/14

断酒の集い2021年4月9日

 春の気配もようやく整い、心浮き立つ今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 2021年4月9日、第2417回断酒の集いのテーマは「習慣」です。習慣とは、日常の決まりきった行いや、長い間繰り返し行うことで無意識にできるようになった行動のことをいいます。例えば、“私たちはお米を食べる習慣がある”、“朝起きて歯磨きをする”など意識しなくても行動をしています。皆さんの習慣には、どんなものがあるでしょうか。今回は、良い習慣と悪い習慣に分け、グループワークを行いました。良い習慣の中には、ゴミが落ちていたら拾うや、家族の無事を願うなど日常の忘れていた気持ちを思い出させてくれるような素敵な意見がありました。悪い習慣の中には、散歩、ジョギングついでにコンビニに寄りお酒を買う、決まった時間にコンビニへ行きお酒を飲んで帰ってくる、隠れて飲む、夕食を作りながら酒を飲むなど飲酒行動が習慣化している意見が多くありました。
 良い行動を習慣化するには、誰かと一緒に始めることが行動を継続させるポイントです。自力で何とかしようとしてもすぐに限界を迎え、モチベーションも下がってやっぱりダメだったという失敗体験につながります。そうならないためにも他者の協力を仰ぎ、だれかと同じ目標に向かって行動する事が、良い習慣を身に付ける第一歩になります。
みなさんも今日から新しい習慣を始めてみては、いかがでしょうか。
                                   みかん

2021/04/01

断酒の集い2021年3月26日

 3月第4週目の金曜日となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。2021年3月26日(金)第2416回「断酒の集い」のテーマは「旅立ち」でした。11年断酒表彰の単身の方はビデオメッセージで、「断酒例会と断酒会館に通い、人の話を謙虚に聴いて共感することが大事だ」と話され、1年断酒表彰の方は、「戦う相手は酒ではなく自分自身だ」と話されました。テーマについては、心に響く山口百恵の「いい日、旅立ち」の歌を思い浮かべた人が多くいました。「アルコール及びタバコ依存からの旅立ち」、「アルコール依存症、自分の甘えからの旅立ちをしたい」、「出来ない事を出来る様に旅立ちしたい」、「断酒の道への旅立ち」、「惨めな思いから旅立ち、家族に感謝されたい」、そして、酒は万病の薬は間違い、ウイスキー・チューハイからの旅立ち、しっかりした自立への旅立ち、健康的な生活への旅立ちをしたいなどの意見が出ました。実際に旅行したいなどの目標も語られました。断酒すると、夢や楽しみが叶い、お互いに感謝し合う関係が実現すると強く感じました。(K.M.)

2021/03/29

断酒の集い2021年3月19日

 花の便りが聞かれる頃となりましたね。先回は“ささやかな幸せ”というテーマで、ポジティブな気持ちになれました。今回もその続きで、“三つのよいこと(心理学者・セリグマンより)”について話し合いました。「食事が美味しい」「天気が良いので心が晴れる」など皆さんのお話を聞き、心が温まる思いがしました。また、「ガンマが下がった」「体が軽くなった」「眠剤を飲まなくても眠れるようになった」など、入院して断酒したことで得られたよいことも沢山!あげられました。
 寝る前にその日にあったよいことを振り返り書きとめると、気持ちも少し前向きになれるそうです。お酒がなくてもポジティブな気持ちになれるように、八事病院でよいこと探しを始めませんか。(とうふ)

2021/03/23

断酒の集い2021年3月5日

 断酒の集いが新型コロナの影響で皆様に来ていただけなくなってから、早1年が経ちました。今後もしばらくは入院者とスタッフだけの断酒の集いを続けることになりそうです。再開のめどが立ちましたらこのホームページでお知らせいたします。それまではこちらで断酒の集いのテーマを一緒に考えていただけたら嬉しいです。
 前後してしまいましたが、第2413回のご報告です。テーマは「ずっと覚えていたいこと、ずっと覚えているべきこと」でした。家族や大切な人からの言葉、酒での失敗、あるいは八事病院で学んだことなどたくさん挙がりました。ある方は「ずっと覚えていたいことは、覚えているべきことに繋がる」と表現されていました。
 お酒が飲みたくなった時、ずっと覚えていたいことを思い浮かべて「ああ、そうだった」と思えると、断酒を続ける心の錨となるのではないでしょうか。あなただけの大切な「ずっと覚えていたいこと、覚えているべきこと」は何でしたか?             TANNY

2021/03/17

断酒の集い2021年3月12日

 一雨ごとに春めいてくるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 断酒の集い2414回目のテーマは「アルコール以外のささやかな幸せ」でした。音楽やゲームなどの趣味のほか、家族と一緒に過ごす時間や、「いつもつかまる赤信号が青の時」といったラッキーなことを挙げられる方もいらっしゃいました。いつもは意見交換が活発なグループワークですが、今回のテーマに関しては沈黙の時間も多くあり、「みんなが黙ってしまうってことは、それだけお酒に没頭していて視野が狭くなっていたってことだね」と話されていたことが、とても印象に残っています。
 ちょっとした幸せは身近にたくさんありますが、気づかないことが多いように思います。気持ちを少しでも外へ向け、「ささやかな幸せ」にたくさん気づき、お酒以外のもので自分を満たしていくことがとても大切であると感じました。(もなか)

2021/03/12

令和2年度名古屋市アルコール依存症支援者研修会を開催いたしました。

2月6、7日にオンラインで開催し、47名の方が参加されました。
不慣れなオンラインでの研修でしたが、無事にロールプレイもでき、充実した内容になりました。受講者の方からも「アルコール依存について様々な演者の発表があったので、多角的に理解が深まった」など、ご好評をいただきました。
 少しでも多くの方に、アルコール依存症について知っていただき、支援と協力の輪を広げていきたいと思っております。今後もどうぞよろしくお願いいたします。
 ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

2021/03/03

断酒の集い2021年2月26日

 今回のテーマは「焦り〜原因と対処〜」でした。入院されている方とお話をすると、様々な焦りを抱えていらっしゃるように感じることが多々あります。どんな原因や対処についてうかがえるのか、興味深い気持ちで参加させていただきました。「焦りをあまり感じない」との意見もありましたが、「焦りのおかげで良いことがあった」とのエピソードは出ず、今回はネガティブなものとしての共通認識だったように思います。
 将来の生活、経済面や健康面の不安から焦りを感じるとの意見が多かったです。「今できることを頑張る」「具体的な計画を立てる」「自然に任せる」等の対処法の意見があり、それぞれに納得しました。今、病棟のプログラムにマインドフルネスが取り入れられています。焦りの原因の根本的な解決にはならないでしょうが、焦る感情とは距離を取り、落ち着いた感情で生活をするために有効だと思います。入院中に得るストレスコーピングを長く役立てていただければ本当にうれしいです。                 のりすけ。

<< 前のページへ | 次のページへ >>